馬場西7つの街
早稲田通りを小滝橋方面へ5分ほど歩いたところにある、かまぼこ・おでん種の店「山仙」。訪れると、おでん種を大量に買い込んだお客さんが会計を済ませたところだった。「山仙」の味を求めて板橋からやって来る常連さんだという。
明治30年創業の「山仙」は昭和7年に移転、ここ高田馬場にやってきた。商店街の中でも老舗中の老舗である。昭和27年に家業を継いで半世紀、「山仙」三代目店主横山さんに話を聞いた。
職人としてのこだわりは「一番いいものを使って、一番いいものをつくる」迷いなく、こう答えた。
原料も「いいもの」を探す。シンプルで潔い言葉が返ってくる。「添加物・保存料は一切使っていない。品質に責任を持って作っている。」長年の経験に基づいた自信がみなぎる。
お客さんが帰るとすぐ厨房へ向かうご主人。伊達巻づくりを続ける。おかみさんが玉子を焼き、ご主人が手早く鬼すだれで巻いていく。50本の注文の品だという。おかみさんは25歳で嫁いで以来、陰に日向に「山仙」を支えてきた。「ご苦労もあったのでは」と尋ねると、「そんなこと、なんにもなかったよ〜。あっ写真とらないで〜。」と笑顔で答えた。
ご主人の一番好きな食べ方は「この時期はやっぱりおでん」。
人気商品は「野菜入りの揚げもの」。この時期は「お歳暮」用商品も人気で注文が相次ぐ。
店からクール便発送ができる。

山仙蒲鉾店
高田馬場三丁目バス停のすぐ側
紺地に白抜きの看板が目印

TEL 03-3361-7573 FAX 03-3361-7623 
AM10:00〜PM8:00 日曜定休
地図 詳しくはこちら

バックナンバー