馬場西7つの街

◆おしらせ◆
とんかつ『とんき』は2006年4月をもちまして店を閉じました。
長らくのご愛顧ありがとうございました。

 このところ、「高田馬場といえばラーメン店」という中で、どっこい「目黒のとんかつとんき」の看板を掲げて25年、とんかつといえば「とんき」という根強いファンも多いお店に伺いました。
ご主人の津野さんは目黒の本店で19年勤めた後、のれん分けで昭和54年1月に独立というから、開店して25年。津野さんはこの道40数年の熟練ということになる。
夜はもっぱら常連さんが集うという。中には週2回は必ずというファンもいらっしゃるようだ。一方、お昼は昨年の6月から始めたランチが好評で、近くのサラリーマン・OLで30席が埋まる。
人気のメニューは、本店から受け継いだ秘伝ソースで味わう「串かつ」や、卵と小麦粉を3度ずつつけてからパン粉をつけ、中温でゆっくり揚げていく「ヒレかつ」。サックリとしたころもの食感と肉の旨みが全て包み込まれたおいしさが人気のヒミツだろうか。
お話を伺っているときに、このお店が紹介されたという本を見せていただいた。2002年3月にJTBからだされた「有名シェフが通う99のおいしい店」という本。このお店に通った「メゾン・ド・ユーロン」のシェフ、鈴木訓さんの「ここの親父さんはいつも一生懸命。この辺じゃ、ダントツで旨いと思うよ」というコメントが目に付いた。
40数年、いつも一生懸命というのはすごい!
高田馬場駅早稲田口から小滝橋方面に、徒歩2〜3分。水曜日は定休というのでご注意を。

◆ランチメニュー◆
ロースカツ定食 ¥900
ヒレカツ定食  ¥900
(ライス・とん汁・お新香付)
AM11:30〜14:00

 

バックナンバー