レーザー脱毛の特長

レーザー脱毛は一度に広範囲の処理が可能

美容皮膚科や美容外科などでは、手足はもちろん、脇や背中、うなじなどのむだ毛が気になっている人には、医療レーザー脱毛の施術を行っています。レーザー脱毛の特徴は、毛の黒い部分にだけレーザーが反応するため、皮膚にダメージが少なく、一度に広範囲のむだ毛が処理できます。痛みが強いイメージがありますが、脱毛したい部位によっては、表面麻酔やクリーム麻酔に対応をしており、痛みの少ない施術が受けられるので安心です。脱毛の施術を受けた当日は、皮膚に熱を持っている状態なので、入浴や運動、喫煙などの血流が良くなることは控えることが大事です。最新の脱毛機器を搭載している医療機関を選ぶと、美肌を維持しながらむだ毛を処理できます。

レーザー脱毛は皮膚へのダメージが少ない

美容皮膚科や美容外科を選ぶ時は、国産の最新の脱毛機器を導入している医療機関を選ぶことが大事です。日本人の肌質に合わせて作られており、冷却装置も搭載しているので、皮膚へのダメージを抑えることが出来ます。エステサロンの光脱毛に比べると、レーザーの出力が強いので、通院の回数を減らせるなどのメリットがあります。顔や背中、デリケートゾーンなどの、皮膚が薄くデリケートな部分には、出力を調整してくれるので安心です。剃刀や電気シェーバーなどの自己処理に比べると、埋没毛や黒ずみなどが起こりにくいのが特徴です。医師や看護師などの医療スタッフが担当してくれるので、お肌が弱くデリケートな人も安心して施術が受けられます。

銀座で脱毛の施術を行っているエステサロンでは、安全性の高いフラッシュライトの機器が採用されているところが多く、肌が弱い人も安心してムダ毛処理ができます。